キケンな脊柱管狭窄症は治療でスッキリ大改善|理想のヘルスケア方法

ホルモンの乱れによる病

医者

高齢になると体の多くの場所に不調が現れるようになりますが、それらの症状は更年期障害である可能性があります。更年期障害の治療は、内科のクリニックでホルモン治療を受けることで改善できます。また、サプリメントや漢方薬によっても治療が可能です。

回復後も有効な方法です

肩こり

腰椎椎間板ヘルニアの治療には手術のほか、リハビリ療法、薬物療法などがありますが、腰痛トレーニングやストレッチにて治る方法もあります。また、腰椎椎間板ヘルニアは再発しやすい病気ですが、治った後も腰痛トレーニングやストレッチを行うと再発リスクを下げることができます。

めまいを繰り返す病気

看護師

メニエール病は、耳鳴りや吐き気とともに回転性のめまいが繰り返しておきる耳の病気です。30〜50代の女性に多く似られる病気で、内耳にあるリンパ液が増加したことが原因として考えられています。治療はめまいを抑える薬や利尿剤、吐き気止めが用いられます。

体の老化と病気

男性

坐骨神経痛を伴う病気

脊柱管狭窄症とは、加齢などを原因とし、骨や関節、靭帯が肥大になってしまうことによって神経を圧迫する病気のことです。椎間板ヘルニアと同様で坐骨神経痛を伴うものでもあります。脊柱管とは、簡単に言えば背骨に囲まれた管状の空間のことです。背骨自体が骨が重なり合ってできています。その間にあるのが脊柱管なのです。脊柱管の中には神経をつかさどる袋のようなものがあるため、脊柱管狭窄症になるとその神経を圧迫し痛みを伴うようになるのです。その原因は先天的なものもありますが、多くの場合年齢とともにこの脊柱管狭くなり、それによって起こります。脊柱管狭窄症になると腰や足などに違和感を感じるほか、しびれなどが起こることなどが症状としてあげられます。

治すにはどうするのか

脊柱管狭窄症は、加齢とともになるものではありますが、その治療をすることも可能です。治療法はいくつかありますが、一番多いのは手術をする方法です。患部を手術することによって、狭くなっている脊柱管を広げる手術です。ただ、高齢の方であればこの手術にかなりの負担がかかるため、よく検討する必要があります。ほかには薬物療法があります。一般に痛み止めという薬をつかったり、筋弛緩剤によって筋肉をゆるめることによって痛みを和らげる方法です。他には理学療法があります。マイクロ波やホットパックなどを使うことによって、患部である腰のあたりの筋肉を外から刺激します。これによって重い腰痛を解消する治療法です。どの治療法も合う人と合わない人がいるため、どれを選択するかは良く考えるべきです。