キケンな脊柱管狭窄症は治療でスッキリ大改善|理想のヘルスケア方法

回復後も有効な方法です

肩こり

別の方法もあります

腰椎椎間板ヘルニアの治療には手術、リハビリ、薬物療法があります。リハビリに関してはホットタオルや電気治療などがあります。薬物療法はいわゆる湿布や痛み止め内服薬となります。しかし、最近では腰痛トレーニングやストレッチで腰椎椎間板ヘルニアが治ったというケースもあります。勿論、重症の場合は手術がに必要となりますが、トレーニングやストレッチを行うことで3カ月ほどで症状が改善されたというケースもあります。したがって、手術と違い身体的負担もしくは精神的負担を軽減することが出来ます。このように臨床治療とは別の治療法で腰椎椎間板ヘルニアを治す方法が今や存在します。ただし、専門家の指導のもとでの実行がよいとされています。

再発しやすいです

腰椎椎間板ヘルニアは一度発症すると再発する恐れもあります。また、腰椎椎間板ヘルニアの症状でなくても頻繁に腰に痛みや違和感が覚えるようになります。したがって、腰椎椎間板ヘルニアの治療を受け、その後状態が良好だと言われても常に腰に負担がかかりやすい状態であることを念頭に入れておく必要があります。しかし、前記で述べた腰痛トレーニングやストレッチを腰椎椎間板ヘルニアを治った後も定期的に行えば腰椎椎間板ヘルニアの再発率を低くすることも出来ます。このように、腰椎椎間板ヘルニアは再発しやすい病気であるものの、日常生活次第では再発を未然に防ぐことができます。むしろ、治った後の腰痛トレーニングやストレッチの方が重要とも言っても過言ではありません。